So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

荒川サイクリングロードを「夢の島公園」へ向かう [自転車]

今日は日中でも10℃までしか気温が上昇しないという寒空でしたが、元気よく荒川サイクリングロードへ飛び出しました。今日のミッションは3項目あります。

ミッション1個目は、11月に東京湾ゲートブリッジまでポタリングしたときに「夢の島公園」を素通りしてしまったため、もう一度寄ってみること。→なぜに「夢の島公園」にこだわるか?は、2020/8になったらお知らせできるでしょう。それまではシークレットです。

ミッション2個目は同日の帰り道で中川脇の道を走っていた時に"大型バイク(恐らくハーレーダビッドソンのチョッパー)に乗った髭面ライダー"に「チャリはこの道走れないので一段低い道に降りな」と言われたので、その現場を再検証すること。

ミッション3個目は、荒川サイクリングロードで12/3に発見されたイノシシの足跡を見つけること。

さぁて、どうなりますかね!

まずはいつものスタート地点である岩淵水門から出発です。

20191209_095020_Burst02.jpg

手前の柵で囲われた有料バーベキュー広場は、台風による水没後の復旧作業が完了しましたが、流石にこの寒さでバーベキューする物好きはいませんね!? 台風の被害といえば、岩淵水門の上流側にある"赤羽ゴルフ倶楽部"は水没後の整備が完了して12/7から再オープンしました。でも、コース脇には芝生の上に流れ着いた泥を搔き集めた山がいくつも残っていました。

20191209_094336_Burst02.jpg

いつもの通り順調に荒川右岸を下っていく途中で足立区に入りました。このへんで12/3に都内では珍しい(初めて)イノシシが発見された騒ぎがありましたので、周囲を見回しながら注意深く走りましたが何らの足跡もありませんでした。実は12/4にもイノシシを捜索しましたが右岸は人通りが多いのでイノシシが寄り付かなったかもしれません。帰りの左岸に期待しましょう。 

https://www.youtube.com/watch?v=ZHvqUafKwAI ←ニュースを見逃した人はこちらのyoutubeを

荒川右岸を清砂大橋まできました。天気も雲の間から日が差して東京湾方向はキラキラしてます。

20191209_104138_Burst01.jpg

清砂大橋は河口から二番目ですが夢の島方向に向かうには、ここで右折して江東区南砂に向かいます。

20191209_105937_HDR.jpg

夢の島大橋を渡ると「夢の島マリーナ」「丸い温室の夢の島熱帯植物園」「煙突は清掃工場」が見えます。

今日の最初のミッションである「夢の島公園」に入り、先ずは第五福竜丸の展示館へ向かいます。第五福竜丸は昭和29年(1954年)3月1日に太平洋のマーシャル諸島にあるビキニ環礁でアメリカが行った水爆実験で被爆した日本の漁船です。

20191209_112528.jpg

残念ながら月曜日は休館日でした。

20191209_112608.jpg

中に入れないのでガラス越しに船体をパチリ。次にやばいな~と思いながら熱帯植物園に向かうと・・・。

20191209_113020.jpg

ここも予想通り休館日でした。

20191209_113038_HDR.jpg

たぶん『またか!休館日を良く調べてから行けよ』と友人のE君が呟いているだろうな?

気を取り戻して、周りを見ると工事中のフェンスがあり寄ってみると来年のオリンピックで使用する「アーチェリー会場」でした。まだ外周を工事フェンスで囲まれていましたのでクリアなところから覗いてみました。

20191209_111545_HDR.jpg

20191209_111516_Burst01.jpg

芝生の専用グラウンドだけど整備費は9億円だって・・・・。いくら暑さ対策の遮熱性舗装といっても高いね。それよりも観客席がないじゃん。収容人数5,600人らしいが観客はどこの場所で見るのだろうか?

20191209_111521.jpg

観客は、芝生に地下座りかな?だとするとなんかピクニックみたい(#^^#)

とりあえず第一ミッションクリアで帰路につきます。

20191209_114253_Burst02.jpg

最も海に近い「荒川河口橋」を浦安市側の荒川左岸に渡ります。荒川河口橋は「首都高速荒川湾岸橋」と並行にかかっている一般道路(京葉道路)です。荒川にかかる最も海に近い橋です。

20191209_115504.jpg

橋下から、11月に訪れた恐竜橋こと「東京ベイブリッジ」と風力発電の風車が見えます。

荒川左岸を上流に向かって江戸川区を走ると、ひときわ高く細長いタワーが見えます。前回は寄らなかったので少し寄り道してみました。

20191209_122212.jpg

場所は都営地下鉄「船堀」駅前に経つ「タワーホール船堀」という江戸川区施設です。せっかくなのでタワーの展望台に昇ってみました。最初に7階までのエレベーターで昇り、そこから展望台まで別の直行エレベーターで地上高103m室に上がります。直行エレベーターには今は殆ど見なくなったエレベーターガール(言い方が古いけど)が乗っており運転操作と簡単なガイドをしてくれます。→江戸川区施設のため無料です(*^^)v

20191209_123018.jpg

20191209_122848.jpg

20191209_122838.jpg

地上103mからの360度パノラマが無料で楽しめます。今日は曇天でしたが天気が良ければ富士山や筑波山まで見えるそうです。

次に向かったのは第二ミッションです。タワーホール船堀から再び中川土手際の側道に向かい、前回は髭面ライダーに注意された道筋に着きました。

20191209_120946.jpg

中川土手際の片側一車線道路ですが、やっぱり自転車通行禁止の道路標識はありません。

20191209_121702_Burst01.jpg

土手側にある標識は①制限速度40km(区間によっては30km)②追い越し禁止③駐停車禁止の3つ団子状の標識だけです。やっぱり自分の方が正しかったのです。あの髭面ライダーは何だったのだろうか???とりあえず2つ目のミッションクリアで上流へ向かいます。途中で江戸川競艇場の前を通過します。タレント司会者の徳光さんや漫画家の蛭子さんであれば間違いなく勝舟券購入に走るのですが、私は競艇はやらないのでチラ見だけで通過しました。

20191209_131406.jpg

最後のミッションはイノシシ君との遭遇でしたが、残念ながら12/3に足立区で見失ってから姿をみせていません。何か手掛かりはないかと走っていたら、道筋で動物の足跡を発見しました。犬にしては大きな足跡で歩幅も結構あります。

20191209_141553_Burst01.jpg

20191209_141608_Burst01.jpg

これが本物と信じるかどうかはあなた次第ですが、自分はイノシシであってほしいと思っています。

それにしても、行方不明になって一週間たちましたがイノシシ君は何処へいったのでしょうか?ひょっとすると川岸に住んでいる狩人に捕まり牡丹鍋になってしまったかも???そんな馬鹿な考えをしながら帰宅しました。

本日の走行距離65kmのポタリングでした。

じゃ~またね。



nice!(14)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

同級生仲間と三島経由で箱根へチョイ旅【宿到着から2日目】 [街歩き]

三島経由で強羅駅に着き、歩いて宿泊先へ向かいます。


宿に着いたら、やはり温泉に直行します。台風の影響で大涌谷から引いた温泉配管が故障して、一時は沸かしなおしていたらしいのですが、今は正常に戻り「源泉かけ流し」となりました。ここの宿の温泉は、43度設定の熱めの湯舟と41度設定の緩めの湯舟があり、一日歩き回った疲れをとるため、緩めの湯舟にゆったりとつかりました。

前のレポートで書きましたが、ここの宿は一般ホテルではなくある健康保険組合の施設であるため、部屋数も多くなく、今日の宿泊客は自分たの他は2組の家族ずれだけと少ないため、廊下も各部屋もとても静かです。


宿泊客が少ない健康保険施設だけに、料理長が手をかけた栄養バランスが良く品数も豊富なものでした。

まずは、今日歩き回ってお疲れ様の乾杯です。プハー(*≧∇≦)ノd□ 

line_55322552244310.jpg

さて、今晩の献立表を見ると

20191201_180517.jpg

旬菜・・・(上)箱根湯葉白和え柿

  ・・・(左下)栗とクルミのクリームチーズ寄せ

  ・・・(右下)シメジ、舞茸、椎茸、春菊のお浸し

20191201_180634.jpg

酢物・・・(左上)燻製鯖と蕪と菊


魚料理・・(右上)鰯巻焼(いくらおろし、長葱、エリンギ、薩摩芋レモン煮)

留魚・・・(左下)丸茄子のカニ餡かけ

向付・・・(右下)季節の御造り3種盛(真鯛、鮪、甘えび)

凌ぎ・・・(中下)蕎麦

20191201_180032.jpg

台物・・・チキンカレー風味鍋(鶏肉、ペコロス玉葱、南瓜、ズッキーニ、パプリカ)と香の物

20191201_180532.jpg

揚げ物・・里芋饅頭と獅子唐と南瓜の天ぷら(抹茶塩)

20191201_180522.jpg

肉料理・・トマト釜オーブン焼き(豚肉角煮、ブロッコリー)

20191201_185507.jpg

水菓子・・季節のデザート(プリン、パイナップル、チョコレートケーキ)

これに、ご飯とアサリのみそ汁が運ばれてきます。私以外の人は料理だけでお腹一杯のようで、ご飯を注文しませんでした。カレー風味鍋とご飯の組み合わせがとても美味しいのに・・・・。料理とご飯で満腹となったのでデザートは、女性軍にどうぞとおすそ分けしました。


食事のあとは、卓球室で温泉卓球とカラオケで小一時間過ごしましたが、カラオケには3人しか来ませんでした。

line_31718398488783.jpg

line_31726719603936.jpg

この日のために3~4年前に流行ったケツメイシの「友よ~この先もずっと」を練習してきたのに、結局、歌ったのは吉幾三と氷川きよしの演歌でした。もっとも久しぶりのカラオケで、全然声が出ていなかったので、ケツメイシの歌は無理だったかな~。

そのあとは、翌日の予定を立てるために一部屋に集まり、販売機で買ったホワイトホースのウイスキーハイボール缶を飲みながら22時まで懇親を続けました。部屋の外は天気予報の通り小雨が降りだし、これでは2日目の歩き回りは難しいと意見一致したので、ポーラ美術館を第一希望としてネットで確認しました。が、なんと!年中無休な筈なのに本日から展示品入れ替えのため暫く休業期間とのことで断念、やむなく宿に近い「強羅公園」を見てから昼食はリクエストが多かった「田むら銀かつ亭」としました。


翌日は、いつもの癖で5時前に目が覚めましたが、風呂が6時から開くので同室でまだ寝ているK君に聞こえないように消音したテレビの情報番組を見ていました。後で聞いたら隣室のE君もほぼ同じ状態であったらしい。

6時に朝風呂にはいったのですが、朝食が8時からのため時間を持て余していました。8時に朝食準備ができた館内放送を聞き、真っ先に食堂に向かいました。他のグループのテーブルは一人も集まらないのに、うちのメンバーは、すぐに全員が揃い「いただきま~す」

20191202_075632_HDR.jpg

20191202_075641.jpg

野菜中心の朝食のおかずがたっぷり、小ぶりな茶碗ではありますが、お粥とご飯2杯を平らげて満腹です。

家では、ご飯のお代わりはしないのに旅に出るとやっぱり食べてしまいます(#^^#)


10時のチェックアウトまでロビーで寛ぎました。窓の外は大雨です!これから向かう強羅公園までは強羅駅からケーブルカーで1駅ですが、フリー切符を有効に使ってケーブルカーが来るのを待ちました。ケーブカーが下ってきました。赤い車体には何やら青いステッカーが貼られています。

20191202_101711_HDR.jpg

それは、これまで働いてきたケーブルカー車両が本日をもって最後の運転:ラストランとなる場面でした。これは記憶に残る記念の日になりました。20年間の間、本当にご苦労様でした。


公園下で下車して公園まで歩くときには降雨も強くなり、公園の屋外散策が難しいので、温室見学とガラス細工や陶器づくりの工芸体験クラフトを見学するため入園しました。うれしいことに箱根フリーパスを持っていると大人550円の入園料が無料でした。

line_31717064957794.jpg

植物が育てられている温室でも、今の時期に咲いている花はブーゲンビリアやダリアなど少ないのですが、ちょうどクリスマスに向けて「ポインセチアのツリー」が飾られていました。

line_31717256809044.jpg

20191202_105801_HDR.jpg

外の雨風が一段と強くなってきたので、クラフトハウスも一回り覗いただけで、昼食場所の「田むら銀かつ亭」に向かいました。ここはテレビにもよく出る行列のできる人気店です。このため強羅公園に向かう前の開店時間前に2番目の予約券を入手しておきました。

ただし、この店の予約券は時間指定ではなく店員に呼ばれたときに入口で待っていないとキャンセルになる仕組みのようです。すでに開店時間の11時を30分ほど過ぎてしまいましたが、大雨の平日が良かったのか、自分たちの行いが良かったのか?待ち時間ゼロですぐにテーブルに着くことができました。ラッキー!!

この店の一番人気商品は「ひき肉を豆腐に挟んだ豆腐カツレツ」です。

line_55322675692123.jpg

豆腐かつ煮御膳2,100円です。(豆腐かつ煮鉄鍋/サラダ/小付け/ご飯/味噌汁お新香/デザート/コーヒー)

20191202_121317.jpg

豆腐かつ煮定食1,380円です。サラダや小鉢と食後の飲み物は付いてませんが食事だけならこちらで良いですね。

20191202_121340.jpg

豆腐では物足りないので、私はロースかつ重1,380円を頼みました。小鉢の生湯葉が美味しかったし、ロースかつは肉は柔らかく量も意外と食べ応えがありました。価格が観光地価格で無ければ美味しく感じたのでしょうが、味は普通でした。

雨は相変わらず土砂降りのため、早めに下山することとしました。特に登山鉄道が止まり箱根湯本行きの代行バスの混雑をさけるためにも・・・・。

20191202_130140.jpg

箱根湯本までの道筋は片側一車線の曲がりくねった山道です。途中で乗用車とワゴン車が正面衝突した物損事故に遭遇しましたが、事故直後だったため、我々が乗ったバスは渋滞となる前に通過できました。これから警察による現場検証が始まると両方向が通行止めとなり、相当の渋滞になったかと思います。

箱根湯本から予約したロマンスカーの発車時刻に余裕があったので、時間つぶしの居酒屋を探しましたが、この時間からやっている居酒屋はなく、駅前の喫茶店でお茶を飲み一休み。

20191202_141911.jpg

喫茶店の脇を流れる早川の水量も増えています。発車時間前に駅前のお土産屋で土産と帰りの電車内でのお酒を買い込み、箱根湯本駅の中に入りました。

20191202_150015_ロマンスカーGSE70000系.jpg

入ってきたロマンスカーは最新のGSE70000系車両でした。この電車も窓が大きく、たまたま最後尾の1号車の席がとれたので、パノラマウインドウを楽しめました。

GSE7000系1号車.jpg

この写真はネットから借用した晴天時のパノラマウィンドウです。

当日は小田原までの山間部では雨天でしたが東京に近づくにしたがって晴れてきました。経堂あたりからの地下線路を走っているとトンネルの柱材が何層にも重なって映画にでてくるようなタイムマシンを思わせる窓からの景色でした。このころになるとお酒が回ってきてカメラを撮るのを忘れました。

新宿からはJRで帰路に着きました。赤羽で解散して地元駅にたどり着きましたが、まだ飲み足りなさそうなI君と二人で駅前の居酒屋で〆の酎ハイを3杯飲み干して、ヨタヨタと家に到着しました。

本当に、よく食べ。よく飲んだ2日間でした。来年はどこに行くでしょうかね?スパリゾートハワイアンズや草津温泉という声が出ていましたが、また元気に集まれれば良いですね?


ここまで、ダラダラした日記を読んで頂きまして有難うございました。

ではまたね~。

nice!(14)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行

同級生仲間と三島経由で箱根へチョイ旅【一日目の宿到着まで】 [街歩き]

中学校時代の同級生(男性4人+女性3人)と年一回の1泊旅行に行ってきました。

宿泊先は強羅温泉にあるE君が以前に関係のあった健保保養施設にビジターで宿泊させていただきました。

強羅周辺は台風の影響で箱根登山鉄道の全面不通や一部の道路が不通となっていますが、料理がとても美味しかった宿なので2年連続で使わせてもらいました。

昨年のルートは、都内からJRで小田原へ向かい、有名な"おでん屋さん"で昼食をとり、相模湾の海岸散策と小田原城見学した後に箱根登山鉄道で強羅に向かうという王道の観光コースでした。そして、翌日はケーブルカー~ロープウェイ~海賊船~バスを乗り継ぎ~小田原からJR東海道線で帰宅という鉄板ルートでした。

今年は違うルートを楽しむため、ツアコン役のK君と共に三島市から箱根に向かうルートを組み込んだ旅を考えました。


同級生と言っても地元に住んでいるのは3人だけなので、JR赤羽駅で待ち合わせ埼京線で新宿へ向かいます。

当初の計画では、1日目は箱根・2日目に三島観光を考えていたのですが、1日目は晴れですが、2日目は雨天予想のため、新宿へ向かう電車内で協議して、急遽逆コースとしました。このため指定券を箱根湯本から小田原に変更して、いよいよ小田急ロマンスカーVSE5000系で小田原へ向かいます。

ロマンスカーVSE50000系.jpg

今回の座席が7号車であったため、車両頭部の写真を撮り忘れたのでVSEの写真をNETより借用しました。

line_31724657268312.jpg

VSEの前でポーズをとるのは、いつも遅刻や行方不明となるのですが今日は一番に集合場所に来たI君です。

このVSEの車両座席は、向かい合わせにすると窓側に少し開いた角度で固定されます。窓側景色が見やすくするための工夫ですがよく考えてられます。座席に座るとすぐに久しぶりの集まりを記念して乾杯を開始(*^^)v。

新宿駅を音静かに出発したVSEロマンカーは、直行であっという間に小田原駅へ。

20191201_100738.jpg

小田原駅構内で見つけた「かまぼこ板」のデスプレイ看板。小田原からの東海道線は熱海止まりなので熱海駅で乗り換えです。熱海駅を出ると次の函南駅の間は7.8kmある「丹那トンネル」です、トンネルを抜けると函南駅で次は下車する三島駅です。小田原駅でSuicaパスでJRに乗り継いだ私たちが三島駅改札口をでようとしたら、みんなゲートに捕まりました。よく見ると改札窓口で乗客が並んでいます。そうです、三島駅はJR東海なので熱海からの区間は改札窓口で精算しないと出られません。都内では私鉄各社と相互乗り入れされているためSuicaで乗り降りが当然なのに、熱海駅のホームで乗り継いだ客は降車駅窓口でいちいち精算を要するとは!!何てこった!?なんと不便なJR各社間のICカードでしょう。早くSuicaとTOICAがデータ連携できるといいな?

ということで、三島駅に到着し、昼食希望を取ったら「三島うなぎ専門店」の声もあったのですが、どの店も都内より高い料金なので専門店はやめて、駅前の釜めしの看板がある「源氏」に入りました。

三島源氏.jpg

店の写真を撮り忘れたのでネットから借用しました。

三島源氏桜エビかき揚げ定食.jpg

昼食に高価なウナギは諦めて、駿河湾の桜エビを使った「桜エビのかき揚げ定食」を頼みました。かき揚げ丼ぶりに盛り蕎麦がセットされてボリューム満点。自分はその昔にお土産でいただいた甘えびで腹を壊してからエビ類は得意ではないのですが、なぜか桜エビだけは大丈夫なのです。サクサクとしたかき揚げに満足しました。

三島観光として「三島大社」や「柿田川湧水公園」へのルートを事前調査しておいたのですが、三島スカイフォークへ向かう東海バスの本数が1~2本/時間と少ないため、昼食後にすぐにバスに乗り込みました。なんとこのバス路線(東海バス)は箱根フリーパスで乗り降り自由なのです。でも先の工程を考えて、途中下車せず三島大社も車窓からお参りです。

三島市内から連続した結構な登り坂の道路を上り「三島スカイウオーク」に到着しました。

line_55322839298737.jpg

20191201_130926_HDR.jpg20191201_125553.jpg20191201_125211_HDR.jpg

三島スカイウォークは観光目的で作られた人道のつり橋で、そこからは絶景の富士山が見事に見えました。

このような景勝地では必ずと言って「ソフトクリーム」が売られており、スカイウォークの入場券に50円引きの割引券がついていました。日本人は割引券に弱いので自分たちも行列に並びソフトクリームを買いました。

三島スカイウォークのソフトクリーム.jpg

写真はネットから借用しました。眺めのよいところで全員がソフトクリームをペロペロ・・・富士山麓の生乳で作られたソフトクリームは濃厚な口当たり、久しぶりのソフトクリーム実に美味い。


いよいよ、箱根に向かう次のバスを待ちますが途中渋滞しているためか7分過ぎても来ません。やっと到着したらバスの運転手がすぐにバスを降りました。どうもトイレタイムのようです。生理現象だからしょうがないですね!

そうこうして予定より10分遅れで箱根町港行きのバスが出発しました。運転手も時間遅れが気になったのか?急な山道を右に左に結構なスピードで走ってました。カーブのたびに乗客も右へ左へ傾き座席をつかんでないと体がもっていかれそうです。都心のバスでは感じられない山岳走行かつ横方向への重力G気分を感じました。

予定到着時間であれば、箱根町港からの海賊船の出船に7分の余裕時間があったのですが、タッチの差で間に合いませんでした。これでは次の船まで約50分のタイムロスです。だんだんと風も強くなってきているので箱根登山バスの時刻を調べると元箱根港方面に出るバスを発見。すぐにバスに乗り込み元箱根港へ向かうと、先ほどの箱根町港を出て元箱根港に向かった海賊船がちょうど接岸直前に港に到着。無事に海賊船に乗り込むことができました。これも箱根フリーパスの成せる技。

20191201_145102_HDR.jpg

海賊船は去年の逆ルートで桃源台港を目指します。

line_54757707482026.jpg

line_31721916298053.jpg

桃源台港からロープウェイで大涌谷を経由して早雲山へ向かいます。

ウエイ箱根ロープ.jpg

大涌谷上空で写真を撮り忘れたのでネットから借用しました。

大涌谷に着くと、食欲旺盛な女性軍から「黒たまご」が食べたい~とリクエストがあり、風が強くなってきましたが「大涌谷黒たまご館」に寄り黒たまごを購入し皆でパクパクと食べました。ちなみに黒たまごは、生卵を大涌谷の地熱蒸気で直接茹でると鉄が殻に付着し、これに硫化水素が反応して酸化鉄(黒色)となり、黒色のゆで卵になったものです。( 一一)/o

黒たまご.jpg

黒たまごの写真も撮り忘れましたのでネットから借用しました。

言い伝えによると黒たまごを食べると7年寿命が延びるらしい。昨年も食べたので14年延命か~。この調子で毎年食べると不老不死となってしまうぞ。それにしても、この爺婆達は良く飲み食べる団体です。

早雲山からは、ケーブルカーを下って、強羅の宿まで向かいます。

宿での様子とケーブルカーは、次のレポートへ続きます。

ずらずらと書き留めた日記にお付き合いいただきまして、有難うございます。急いで続きは書きます。

タグ:旅行
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

中十条から西ヶ原へ気が向くままに神社・公園巡りのポタリング [自転車]

今日は走行距離は二の次にして、中十条から王子、上中里の某所(後記であらわになります)にかけて1号車のシェファード君と気が向くままのポタリングです。

スタートは、ここから墨田川が始まる岩淵水門から東十条を目指します。この写真は上流側を見ていますが、左側の川が「新河岸川」、右側の水門がある川は荒川放水路とつながっています。中州の無線鉄塔は荒川河川を管理している「国土交通省 荒川下流河川事務所」です。

20191118_140138岩淵水門.jpg

最初は、JR東十条駅の高台側を通る都道460号線脇にある十条富士山に向かいました。都道460号線は中十条から赤羽につながる道路で日光御成街道の旧道にあたり、旧岩槻街道と呼ばれることもある由緒ある道です。

さて、富士山といっても大きな山ではなく江戸時代に富士山に登りたくとも行けなかった庶民が富士塚を築き富士山に見立てて参拝していたところで、東京23区内に70か所位あるそうです。

十条富士山には「富士神社」が祭られています。鳥居脇には講350年記念の石碑があることから江戸時代から続く富士信仰ものと思われ、今でも本物の富士山の山開きの日には縁日が出て賑わっているそうです。

20191118_105411_HDR.jpg

20191118_105550.jpg

富士塚を登ると頂上には、小さな祠がありました。

20191118_105459.jpg

20191118_105453.jpg

塚の周りにはスダジイや他の大木が茂り、多くの富士講記念碑もありますが、すぐ近くでは道路拡張工事を行っていました。どうも道路拡張により、この塚もセットバックしたうえで小型化される予定のようで、江戸時代から続いてきた現在の姿が見られるのもあと僅かのようです。

次に訪れたのは「王子神社」です。王子神社の創建は明らかではないのですが1322年には紀州熊野三社より王子大神をお迎えて熊野にならって景観を整えたといわれる由緒ある神社です。

20191118_110913.jpg

20191118_110939_HDR.jpg

境内に入ると時節柄、七五三のお参り家族がいました。可愛く着飾った稚児を見たら、数十年前の自分の娘の七五三を思い出しました。

20191118_111211_HDR.jpg

王子神社の脇下を流れるのは石神井川ですが、近くの音無親水公園の石碑によると、このへんでは「音無川」または「瀧野川」と呼ばれていたようです。

20191118_111955.jpg

実は、私が通った高校の校歌にも「音無川は更に清く」という歌詞が入っていました。残念ながら卒業した高校は2009年に無くなりましたが、同じ敷地に新たな高校ができました。ここまで来たら現状確認したくなり滝野川方向へ向かうと、赤いレンガ作りの建物が見えたので寄ってみました。

20191118_112414_HDR.jpg

20191118_112554.jpg

そこは、醸造試験所の跡地でした。醸造試験場は、それまで伝統のみに頼っていた酒造方法を発展させるため、明治37年に創設された国の研究機関でしたが、1995年に広島県東広島市へ移転し独立行政法人酒類総合研究所となっているようです。

次に、母校・・・。いや正しくは、母校跡にできた新しい学校を訪れてみました。

20191118_113551_HDR.jpg

50年ぶりに訪れたため周囲の道路や建物の景色が大きく変わっていましたが、校門の位置や校舎の位置、グラウンドの位置関係は昔の母校を彷彿させるものがありました。

今回は校内に入りませんでしたが、卒業証明書が必要な場合は恐らくここの学校で手続きして頂くことになるのでしょうが、もう仕事をリタイヤした自分はその必要も無いことでしょうね!!!

次に、上中里に向かうために西ヶ原の方向へ行くと、都電とすれ違いました。

20191118_114012_HDR.jpg

建物と建物の狭い隙間を走る都電荒川線は絵になりますね~。

都電を辿っていくと飛鳥山公園に着きます。

20191118_114719.jpg

江戸時代から桜の花見で有名な飛鳥山ですがJR王子駅から足が不自由の方が上がれるように無料モノレール(アスカルゴ)に乗車したり、D51や古い都電があったり、公園から複数の電車が見渡せる場所があるので鉄道ファンにも人気な公園です。

新幹線、京浜東北線、宇都宮線、高崎線、都電といろいろな電車が一望できます。

20191118_115424_Burst02.jpg

子供やお年寄りが乗ったアスカルゴが登ってきました。

20191118_115307_HDR.jpg

児童公園にある昭和18年製造のD51です。やっぱり迫力があります。

20191118_115937_HDR.jpg

20191118_115821_Burst01.jpg

飛鳥山には、鉄道のほかに文化財の「桜の賦(ふ)」があります。

20191118_114908_HDR.jpg

桜の賦は、明治維新前後の日本に大きな影響を与えた佐久間象山が作成した石碑で「桜の花が陽春のうららかな野山に爛漫と光り輝き人々の心を動かし、日本の全土に壮観を呈しその名声は印度、中国にまで響き、清く美しいさまは他に比類がない」と彫られていたようですが、今は擦れてよく読めません。この石碑は一時埋蔵されていたのを母校の考古学クラブの先輩たちが発掘したものです。→実は私も考古学クラブでした。

飛鳥山公園の一角には、新しい一万円札の肖像画となる渋沢栄一の史料館(現在改修工事中)と旧邸内に残る大正期の2つの建物「晩香廬」と「青淵(せいえん)文庫」(いずれも国指定重要文化財)という建物です。

青淵文庫は、80歳のお祝いと、男爵から子爵に昇格した祝いを兼ねて送られた鉄筋コンクリート造りの洋館で書庫や接客の場として使われていたそうです。

20191118_120632_HDR.jpg

晩香廬は、渋沢栄一の喜寿のお祝いに贈られた洋風茶室です。

20191118_121235_HDR.jpg

最後に向かったのは、本日の目的地であるJR上中里駅前の「立ち飲み"いこい"」です。

20191118_130726_HDR.jpg

上中里駅の小さな改札口前にあるここは、赤羽にある「立ち飲み"いこい"」で自分に立ち飲みルールを厳しく指導していただいた『マスター』と呼ばれる親父さんが赤羽店の定年を機に、今年家族で立ち上げた店です。『こんちは』と店内に入ると自分の顔を覚えていて『おや!いらっしゃい』と何時ものだみ声で迎えてくれました。

ちなみに立ち飲みルールとは

・他の店で飲んで酔っ払ってきての入店はお断り。また飲みすぎてはいけない。

・他の人に迷惑かるので、通話、メール、ネットなど携帯・スマホは禁止。

・大きな声を出さない。必要以上の口は利かない。

・カウンターに並ぶときはカウンターに肘や手をつかず、半身に構え多くの人が入れるようにする。

・店内でのお金の貸し借りやおごりあいは禁止。・・・などです。

赤羽のようなカウンターはありませんが、ビールケースを積み上げた小テーブルで、煮込みと肉じゃが(各150円)とウーロン茶をいただきました。帰りがチャリで無ければ190円の焼酎ハイボールも飲みたかったですね。

いつかは、訪れてみたい店の場所がわかったので帰路につきます。


ここまで、つまらない記事にお付き合いいただきまして有難うございます。

じゃ~またね。

nice!(22)  コメント(9) 
共通テーマ:日記・雑感

台風19号に伴う冠水1か月後の荒川河川敷をポタリング [自転車]

2019年10月12日に静岡県伊豆半島に上陸した台風19号は、東日本を通過し豪雨による影響で90名以上の死亡者と、がけ崩れや河川越水などによる住宅、田畑の浸水被害が各地で発生しました。亡くなられた方々にお悔やみ申し上げるとともに、家屋などの被害にあわられた方々に、お見舞いを申し上げます。

-----------

さて、台風通過後1か月が経過したので、荒川河川敷をポタリングしながら様子を見てきました。先日は、スタート地点の岩淵水門から東京湾に向かって下流域をポタリングしてきましたが、本日は鹿浜橋(環状7号線)から荒川左岸を上流に向かって羽倉橋(埼玉県道463号)で折り返しする荒川中流域のポタリングです。

結果して河川敷の冠水被害が最も酷かったのは、新荒川大橋~鹿浜橋間でした。この場所は、国土交通省 荒川下流河川事務所が作成したフィクションドキュメンタリー動画「荒川氾濫」という東京都の東半分以上が水没する動画でも、ここの堤防が決壊する場所として取り上げられている所です。

スタートはいつもの岩淵赤水門です。自分は新しい岩淵水門よりもこの赤水門が好きです。

20191114_100626_HDR.jpg

水門近くのバーベキュー場も整備が進み、芝生広場に積もった汚泥の処理が終われば、もうすぐ再開できるでしょう。

20191114_100930.jpg

また、バーベキュー場の脇にある遊歩道桟橋に積もったゴミも回収していました。

20191114_100711.jpg

ここから、鹿浜橋に向かって荒川右岸を少し下るとパブリックの「新東京都民ゴルフ場」ですが、今回の台風により全面冠水し、未だにコースに入ることが出来ないほどの致命的な被害を受けてしまいました。

20191114_102145.jpg

コースはいまだに厚い泥をかぶったままです。しかし整備している様子はありません。

20191114_101509_HDR.jpg

HPによると懸命に営業再開の可能性を探ったようですが、復旧困難な大被害のため、12月31日をもって60年間続いた営業を終了するそうです。9ホールのパブリックコースですが、コースデビュー場として多くの方に利用されていたゴルフ場です。人的被害ではないのでマスコミはあまり取り上げられませんが、台風により仕事がなくなるという間接的な被害がありました。本当に残念です。

次に鹿浜橋を渡り、荒川左岸を上流の埼玉県川口市に向かって走ると、「川口パブリックゴルフ場」があります。こちらのゴルフ場も全面冠水しており、いまだに倒れた大木や水たまりが残っています。

20191114_103559_Burst01.jpg

まだ水が抜けない低地は、カモやユリカモメなど水鳥の遊び場となっていました。

20191114_103413_Burst01.jpg

川口パブリックゴルフ場のHPには、被害の状況や再開の見通しなどは記載されていませんが、電気工事会社がクラブハウスの高圧電気引き込み線を切断しているところを見ると、対岸の都民ゴルフ場と同様に営業再開が難しい状況にあると思われます。

20191114_104017_HDR.jpg

台風19号の通過直後の増水した荒川の様子は下記のURLを確認してください。


ここから、新荒川大橋の下を通過すると自動車教習所(飛鳥ドライビングカレッジ川口)のコースがあります。ここも当然ながら水没しましたが、すでに営業再開していました。続いて、JR荒川鉄橋を渡ると、川口市の「荒川運動公園」です。ここはドッグランやラグビーの練習グラウンドがありますが、現在も汚泥の掻き出し整備中でした。

そこを過ぎると「川口市浮間ゴルフ場」です。HPによると11月30日まではクローズ、再開は未定ということで、今日も多人数の作業員が芝生を洗いコース整備をしていました。

20191114_104819.jpg

また、コース脇に集められたゴミの山が残っています。

20191114_104946.jpg

浮間ゴルフ場を過ぎて河川敷の道路を走ってみましたが、土手の中段付近には未だにゴミが残っています。おそらく、この位置まで水が上がったと思われます。

20191114_105627_Burst01.jpg

また、河川敷に埋まってあった注意標識も流水圧で基礎から簡単に倒されていました。

20191114_105453.jpg

笹目橋(大宮バイパス)と幸魂大橋(東京外環自動車道)を過ぎると、いつも遊びに行く「彩湖道満グリーンパーク」に到着しました。彩湖は東京と埼玉の飲料水の水がめ機能のほかに荒川の氾濫を防ぐ治水のための遊水池です。

20191114_112838_Burst01.jpg

今日は穏やかな水面ですが、池脇の道路の一車線は汚泥がまだ積もっており、普段なら子供たちが遊ぶ公園やテニスコートも人影が見当たりません。というか公園閉鎖中だったかもしれません?

20191114_112522_Burst01.jpg

続いて上流の「秋ヶ瀬公園」を目指しましたが、公園は閉鎖中で入ることができませんでした。仕方ないのでさいたま市側の土手を走りると「浦和ゴルフ倶楽部」が見えました。

20191114_114417.jpg

ここも冠水被害にあいましたが10月26日(土)より9ホール営業を開始致し、11月2日(土)より18ホールが再オープンしたようです。

折り返し目標の羽倉橋に到着しました。この橋下からも秋ヶ瀬公園に入れますが、公園は冠水により進入禁止でした。公園内道路には汚泥が残っています。

20191114_115955.jpg

羽倉橋の中州には、恐らく「ノーザンカントリークラブ錦ヶ原」と思われるゴルフ場が営業再開されていました。

20191114_120217.jpg

羽倉橋を渡り荒川右岸に回り込んでくると、河川敷が水田地帯となっています。ここまで台風の被害ばかりを追ってきましたが、水田への冠水により上流からの栄養素が土地を肥やすということを聞いたことがありますので、プラス面があるかもしれません。

20191114_120922.jpg

ここからは、荒川右岸を下流を帰ります。途中の秋ヶ瀬取水堰の近くの川辺で庚申塚の石仏を見つけました。

20191114_121841_Burst01.jpg

帰路には、「赤羽ゴルフ倶楽部」がありました。ここも冠水してしまい11月30日まで臨時休業(再開日は別途告知)してコースを整備していました。

20191114_095635.jpg

台風が過ぎて一か月経過しましたが、荒川河川敷が元通りになるのは、まだまだ時間がかかりそうです。

では!またね~(*^^)v

nice!(15)  コメント(5) 

Windows 7 のサブパソコンを交換しました [パソコン]

いよいよパソコンのOSであるWindows 7 が2020年1月14日でサポート終了します。

マイクロソフトのサポートが終了すると、ウイルスなどの悪質なプログラムが利用するセキュリティ上の問題点を修正する事ができなくなります。そうなると個人情報の漏洩やアカウントの乗っ取りなどの被害は当然として、それだけでなく他のパソコンへの攻撃などに悪用される非常に危険な状態になると言われています。

ご存じのように、Windowsの主なデファクトスタンダートのバージョンソフトとしては、Windows3.1→Windows95→Windows98→Windows2000→WindowsXP→

WindowsVista→Windows7→Windows8→Windows10と変化してきました。

自分もWindows95時代からパソコンを使いだし、OSのバージョンアップの都度、これを理由にマシンを8台ほど買い替えてきました。パソコンの利用拡大によりCPUもメモリのハードも格段に機能増強し、今ではすっかり生活に密着した"家電"になっています。

私が所有する現在のパソコンは、少し古くなりましたがDELLのOPTPLEX990のデスクトップをメインマシンとし、富士通FMV-BIBLO LOOX M/G30(丸みを帯びたボデーデザインが可愛い)のノートパソコンをサブマシンとして使用してきました。

20191107_132513.jpg

メインパソコンのDELL機は既にWindows10化していましたが、ネットブック※であるM/G30はWindows7 sterter がプリインストールされており、無理やりWindows10化も可能かもしれませんが、Windows7でさえも息切れしそうなCPUやメモリのため、Windws10化には挑戦しませんでした。当然ながらメーカーのFUJITSUも買い替え推奨してます。

※ネットブックとは、ウェブサイトの閲覧や電子メール・チャットなどの基本的なインターネット上のサービスを利用することを主な用途とした、安価で小型軽量で簡便なノートパソコン。2008~2012年で消えました。


お金を出せば最新の高機能なパソコンはいくらでも手に入れられますが、相変わらずの年金暮らしの懐寒男のため、またまたヤフオクの中古品頼みです。何台かはセリ競争に負けた後、やっとNECのVersaProを落札しました。製造後10年物ですがメモリも4G、HDDも320GBとまずまず、もちろんOSはWindows10に更新済み(シールはWindows vista)でキーボードも綺麗なものでした。これが何と1,700円+送料ですから大当たりです。1,700円では(新品の)ACアダプターも買えません。

今思うと25年程前に最初に買ったMS-DOSマシンは、総額30万円以上かかりましたので1,700円は夢みたいな価格です。

20191107_132521.jpg

商品到着後に起動確認した後で外付け無線LANアダプタでWiFi接続し、手持ちのOfficeをインストールしたら十分に使えるマシンになりました。(ただし、自分の必要技量ではの話)

大満足の良い買物ができました。ちなみに、このブログもVersaProで書いてます。

では!またね~。

nice!(18)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

若洲海浜公園までポタリング [自転車]

良い天気になったので、1号車シェファード君と海を見に荒川を下るポタリングに出かけました。目的地は、東京湾の埋立地の最南端である若洲海浜公園としました。

荒川サイクリングロード(荒川右岸)を東京湾に向かって北区→足立区→荒川区→墨田区→江東区と走り抜けます。清砂大橋を過ぎてしまうと何時もの味気のない"砂町リバーステーション"折り返しとなってしまうので、今回は南砂町駅の方向へ右折して夢の島大橋を目指します。途中の新砂運動場あたりで夢の島への近道を探そうとしましたが、結局迷い込んで、東京湾マリーナの運河が渡れず、一度Uターンして南砂町へ戻るタイムロス(T_T)

南砂町から明治通りを左折して、夢の島大橋を渡ると熱帯植物園がある夢の島公園へ到着。でも今日はここが目的地ではないので、更に南下して湾岸道路を通過すると"JR東西線新木場駅"に到着。駅前のコンビニでオニギリを買い、若洲海浜公園を目指します。

新木場周辺は、材木会社や金属工業や流通倉庫が多く、トラックの交通量が半端ないので通行可能な歩道を走りました。

倉庫街を突き当たると、運河が見えてきました。運河の先には鉄骨で出来た恐竜が向かい合ったような形の橋が見えます。

20191105_110659_HDR.jpg

恐竜のような橋は今日の目的地"東京ゲートブリッジ"です。ここまでくれば若洲はすく近くです。若洲橋を渡ったときに雪をかぶった富士山が良く見えました。

20191105_111304.jpg

カメラの写りが悪いので解りづらいのですが、真ん中の白いのが富士山です。

若洲橋を渡ると、いよいよ若洲海浜公園です。

20191105_111545.jpg

若洲ゴルフリンクスから千葉側を望むと、葛西臨海公園の大きな観覧車が見えます。

20191105_111904.jpg

また、上空を望むとジェット旅客機が飛んでいます。羽田飛行場も近いですね。

20191105_111912.jpg

若洲海浜公園を更に南下すると、右に大きな風力発電の風車が回っています。そこを通り過ぎする、いよいよ"東京ゲートブリッジ"ですが、残念ながらこの橋は徒歩や自転車では通過できません。

20191105_112320.jpg

そこで橋の脇を"海釣り場"に向かいます。

20191105_113459.jpg

今日は公園が休みのようで海に飛び出た"海釣り場"は閉鎖されていましたが、公園の岸壁では多くの太公望が釣りをしていました。何が連れているのかとバケツを覗くと中指サイズの小イワシが入れ食いでした。

20191105_113011_Burst01.jpg

丁度、昼前なのでここで"コンビニおにぎり"と飲み物で一休み・・。さて、帰り道は同じ道では面白くないので、荒川左岸を目指します。高速湾岸道路脇の一般道で荒川を渡り葛西へ

20191105_122341.jpg

ここまで来ると、スカイツリーが見えます。

20191105_122401.jpg

あとは、ひたすら中川脇を上流に向かい荒川左岸に渡り無事に帰りました。帰りは江戸川区→葛飾区→足立区→川口市→北区を走り本日の往復走行距離70kmのポタリングでした。

<おまけ>

江戸川競艇場を通過すると左側がコンクリート護岸が続く片側1車線道路(都道450号線)になります。四輪車が結構なスピードで走っているので走りづらいとは思っていましたが、

中川には土手道が無いのでこの道路を走っていました。

四輪車に注意して走っていると、前方から爆音を響かせ大型バイクに乗った髭面ライダーとすれ違いました。と思ったらバイクがUターンしてきて追い越し際に「この道は自転車通行禁止だぞ」と言い残して走り過ぎました

しかたがないので、急なコンクリート護岸をチャリを担いで越え、リバーテラスを走りました。しかし中川のリバーテラスを走ってよいのか?は不明(少なくとも隅田川テラスは歩行者専用)そして、水門がある都度、一度下車しては階段で迂回することを繰り返しました。

そもそも道路標識には自転車通行禁止標識がないのですが、都道450号線は本当に自転車通行禁止なのでしょうか?だとすると墨田区は自転車乗りに優しくないところですね。

 

じゃ!またね。


nice!(13)  コメント(4) 
共通テーマ:スポーツ

1号車シェーファード君の車輪を交換しました。 [自転車]

1号車シェファード君の車輪を交換しましたのでレポートします。

これまでの車輪はハブはシマノHB2200ですがリムは型式不明、タイヤはGORIX  GTOAIR SPORT700×25Cでした。

不調であった前輪の状況は、もともとリムの横ブレが多少ありましたが、スポークのネジ山切れにより微調整ができず我慢していましたが、最近になってタイヤ傷による変形による縦ブレも加わり、ハンドルにブレが伝わってきたため、思い切って車輪交換をすることとしました。→良く見るとタイヤが歪んでます。

20191101_090451.jpg

前輪だけの交換もありえるのですが、やはり前後の型式を揃えたいため前後とも交換することとしました。

20191101_091448.jpg

部品交換すると言えども、懐寂しの年金生活者のため、新品の部品購入ではなく、いつもの"ヤフオクの中古品"探しでした。

約1か月のオークションを繰り返し、やっと"シマノHB2400ハブ+ALEXRIMSリム"組合せの中古フォイールを落札しました。タイヤは、今までは700×25Cのスリックでしたが、乗り心地を重視して1サイズ太い"KENDA"700×28Cを落札しました。また、タイヤを1サイズ太くしたので、28C用のチューブも落札しました。

フォイールは兵庫県加古川市、タイヤは神奈川県横須賀市、チューブは愛媛連伊予市と日本各地からの商品がやっと揃ったので、いよいよ組立です。

20191101_090422_Burst01.jpg

タイヤにチューブを組み込んで、フォイールに取り付け、空気をシュポシュポといれます。これまでも、タイヤ交換やパンク修理を数多く経験してきたのでお手の物です。後輪は旧タイヤからスプロケットを取り外し、清掃後に新タイヤに取り付けました。

20191101_100725.jpg

これまでは空色のカラータイヤであったため、フェインダーも青色がはいっていましたが、今回のブラックタイヤのため、フェインダーの空色を黒色マッキーで塗りたくりました。結果して、全体的に大人のシェファード君になりました。

20191101_111926.jpg

タイヤを変えたので前後のブレーキ調整を行った後、試運転として荒川サイクリングコースを20kmほど走ってきました。スリックタイヤを変えたことにより指定空気圧も下がり、乗り心地がソフトになりました。

これで、しばらくは車輪を気にせずポタリングができます。

<おまけ> 台風19号で水没した荒川河川敷の復旧作業。

河川敷のゴルフ場では、芝生に積もった泥を放水洗浄してました。

20191101_130750_Burst01.jpg

また、岩淵水門のバーベキュー場もホースで泥を流していました。

20191031_100845_Burst01.jpg

芝生広場では、泥をかき出す重機も活動してます。

20191031_100601.jpg

河川敷の施設を再開するには、まだまだ時間がかかりそうです。河川敷の緊急道路も埃だらけです。

ではまたね~。

 

nice!(16)  コメント(4) 

台風19号通過後の荒川河川敷の様子 [日々雑感]

10月12日に東日本を通過した台風19号により、関東・甲信越・東北地方の広い範囲で多大な被害を受けました。その多くは、大量の降雨による地崩れと河川の増水による氾濫でした。繰り返しになりますが、被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げる共に早期の復興をお祈りします。

さて地元を流れる荒川は、本流は土手(堤防)の嵩上げ強化により越水や氾濫は有りませんでしたが、流れ込む埼玉県の一部の支流では浸水騒ぎもありました。

いつも散歩で歩く荒川河川敷の増水~減水していく状況を時間を追って撮影してみました。

最初の写真は5日経過した河川敷の様子です。まだ河川敷のゴルフ場は泥をかぶった状況です。そして手前の道路がロードバイクで走る(俗称)荒川サイクリングロード→正式には荒川河川敷緊急通行道路です。

20191017_5日後の荒川082643_HDR.jpg

同じ場所の台風が通過した翌朝の様子です。河川敷が冠水し河川幅が1km近くになっています。河川敷ゴルフ場の樹木や防護ネット支柱は頭だけ残して完全に水没しています。

20191013_荒川の早朝.jpg

翌夕の状況です。多少は減水しましたが依然として防護ネット支柱が出てきません。→流れ着いたゴミが付着してます。

20191013_翌夕の荒川165721.jpg

3日後の朝の様子です。だいぶ減水してゴルフ場の防護ネット支柱が見えてきましたが、道路はまだ冠水してます。

20191014_翌翌朝の荒川071839.jpg

4日後の朝になって河川道路が見えてきましたが、少し下がったゴルフ場は水没しています。

20191015_翌翌翌日の荒川063811.jpg

5日後の朝になって河川道路を散歩する人がでてきました。防護ネット支柱の頭の高さまで水没しました。

20191016_5日後の荒川161716.jpg

何年ぶりかに冠水した荒川の河川敷ですが、周辺住民への生活に直接的に影響が出なかったのは、排水ポンプ場の整備や土手(堤防)の嵩上げ強化と上流のさいたま市に作った荒川調整池(彩湖)の効果があると言われてます。次回のポタリングで彩湖を訪れた時は湖に感謝してきます。

では!またね~

nice!(21)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

またまた友人の家庭菜園へ行ってきました【里芋と落花生などの収穫編】 [日々雑感]

東日本を縦断した台風19号の影響で、各所で甚大な被害が発生しています。被害に遭われた方々に、心からお見舞いを申し上げます。そして、一日でも早く復旧することを祈っています。


さて、友人の畑は自宅との距離があるので台風の影響がどのようにあったのか?判らないため、仲間達とともに畑の様子を見に行ってきました。


私が組んだ山芋用の支持柱や野菜のトンネルネットが吹き飛ばされていないか心配でしたが、幸いなことに、あれだけの強風と豪雨の中で大きな設備的な被害が無く、野菜たちも無事に育っていました。

20191015_093737.jpg

冬野菜として植えこんだ大根、白菜、ブロッコリ、キャベツ、カリフラワー、菜花などが成長していました。

20191015_093826.jpg

ただし、初めて挑戦した3株のセロリは枯れかかり失敗でした。→台風の原因ではなく育て方の問題です。

20191015_094018.jpg

畑の無事を確認したので、本日のミッションである"落花生"と"里芋"と"ゴボウ"の収穫を行いました。まずは落花生です。大粒の「千葉のオオマサリ」と小粒な「友人の出身地である新潟の落花生」です。

20191015_094317.jpg

さっそく、茹で落花生にして2種類の味比べをしました。味付け用の塩の持参を失念したため豆の味をダイレクトに比べられます。個人的には、小粒豆の方が味が濃く感じ好みでした。

次にサトイモとゴボウの試し掘りです。

20191015_094353.jpg

20191015_095027.jpg

今日の昼食はオニギリの他に、私が持参したヒラメのアラ(中骨)でダシをとった味噌汁を作ります。→ヒラメ釣りの様子は前号の記事を参照。

まずは、中骨を炙るのですが焼き網の持参を失念したので、現地にあったワイヤ製の熊手でワイルドに炙りました。→火であぶれば消毒と多少の土も味になる男の料理法。"すき焼き"も畑で使った鋤で肉を焼いたのが原点だしね!!!

20191015_102935_HDR.jpg

先に根菜類を軽く茹でてから、焼いたヒラメの中骨を入れ、山芋の収穫には早かったので拾ったムカゴを入れ、長ネギと菜花を入れ、最後に持参した油揚げを入れ、味を確認しながら味噌で仕上げた具だくさんの味噌汁です。

20191015_111428.jpg

採り立ての野菜とヒラメの出汁で作った味噌汁は好評でした。そして柿や柚子もなり、まさに実りの秋です。

20191015_094524_HDR.jpg20191015_094455.jpg

次回の家庭菜園のお手伝いは、約1か月先の山芋堀です。また芋煮会になりそうな気がします。

では!またね~。




nice!(15)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -